孔雀サボテン。 綺麗な花にひかれ

孔雀サボテンの花の魅了にひかれ皆さんのホームページを拝見する 内 、自分もブログに挑戦しようと、パソコン初心者が採倍の指導とブログ作りの指導を願いたくはじめました

久しぶりの、投稿を

2016-08-04
告知は肺がん

先月、十三日入院、十四日、点滴治療を開始

宣告をされてから、薬を変えて四種類目の治療を開始。
一回目、カルボプラチン & アブラギサンの 点滴治療
二回目、テイーエスワン、錠剤のみ薬
三回目、オプジーボ 点滴治療
四回目、ドセタキセル 点滴治療。

此のドセタキセルの治療で薬は四種類目となりました、
今までの薬が思うような、治療効果、も出ずきましたが
 今回治療は如何だろう、薬効果を期待したいものです。
心配した副作用は、どの薬でも同じような出方の様です

抗がん剤治療の副作用は
 アレルギー。 吐き気。食欲不振。シャックリ。骨髄抑制。
 脱毛。筋肉、関節の痛み。下痢。便秘。疲労感。口内炎。
 味覚の変化。発診。皮膚炎。浮腫み。しびれ。爪の変換。
 涙目。 等 の症状が人に依り違いはあるが出るようです。

私の今までの治療では副作用が軽くて辛い思いもせず、済んで
 来ました。
点滴治療を開始後二日目  シャクりが二日間出てその後止まる。
            六日目 骨髄抑制に依り白血球低下する、
治療のため、増血剤注射を四日(四回)の治療で数値は上向きなる。
此のころ、少し関節の痛みと味覚の変化があるものの、数日で治る。
テイーエスワンから続く涙目と手足のしびれは相変わらず出ているが、
 いずれの副作用も軽い。
心配していた、脱毛は十五日目の夜から始まるが前回の様な、激しい
 抜け方はしなく、少しずつ抜け続ける。

こんな入院の
日々が続きましたが無事退院出来ました。
 第二クールの治療が無事できるよう、体調を整えたいと思います。

メールにて励ましのお言葉を頂き有難うございました。
 ブログも少し続つ、始めていきたいと思いますのでよろしくお願いします。










コメントの投稿

非公開コメント

No title

お帰りなさい。

無理せず、養生しましょう。

No title

がん治療をしたことのない私がいうのも気が引けるのですが
しんどい治療だと思います。
とにかく粘り強くがんをヤッツケテください

治療、第二クールへの体調の準備 応援しています

niagaramoonさん、今晩は

> がん治療をしたことのない私がいうのも気が引けるのですが
> しんどい治療だと思います。
> とにかく粘り強くがんをヤッツケテください
>
> 治療、第二クールへの体調の準備 応援しています

コメント有難うございました。
第1クールでは心配した副作用も軽く済みよかつたです。
暖かなコメント有難うございました。頑張ります
今後もよろしくお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

Copyright © kazu兄さん All Rights Reserved.